スポンサーサイト

  • 2010.06.19 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


女性飛行士と宇宙生活 山崎直子さん、来月5日に初飛行(産経新聞)

 ■不利・優遇なく実力勝負 化粧品OK 生活では“らしさ”

 宇宙飛行士の山崎直子さん(39)の初飛行が来月5日に迫ってきた。日本人女性の飛行は12年ぶり2人目。宇宙で女性はまだ少数だが、活躍の舞台は年々拡大している。訓練や任務は男性と同じでも、生活の中では“女性らしさ”をのぞかせる。スペース・レディーの世界に案内しよう。(長内洋介)

 ■あうんの呼吸

 山崎さんが搭乗する米スペースシャトルには米国女性2人も同乗。クルー7人のうち、女性は計3人と最多タイのフライトになる。

 女性の宇宙生活は、どんな様子なのか。山崎さんの健康管理を担当する宇宙航空研究開発機構(JAXA)の松本暁子医師は「女性向けのものでは化粧品を持参できる。(地上に中継される)広報イベントなどの際にメークアップしたい人のため」と話す。

 持ち込めるのは化粧水、乳液、口紅、アイシャドーなど。シャワーや風呂がない宇宙生活の気遣いからか、香水をつける女性もいる。いずれも引火の恐れがあるアルコールを含まないなど、米航空宇宙局(NASA)の成分検査に合格することが条件だ。揮発性の有機溶剤を含むマニキュアや、粉が散ってしまうパウダー類は持ち込めない。

 宇宙食のメニューは男女共通。ただ、食べる量は主に体重で決まるので、小柄な女性は少なめになる。トイレも共用だが、尿の吸引器具は男女で違う。

 プライバシーを確保できる個室は国際宇宙ステーション(ISS)にはあるが、シャトルにはない。女性が着替えるときは「阿吽(あうん)の呼吸で、男性は見えない場所へ移動する」(JAXA)のがマナーだそうだ。

 ■重要任務を担当

 史上初の女性飛行士は、「私はカモメ」の第一声で知られる旧ソ連のワレンチナ・テレシコワさん(73)。ガガーリン飛行士による人類初の宇宙飛行から2年後の1963年、ボストーク宇宙船で地球を48周した。

 世界の宇宙飛行士は512人(2月現在)。女性は1割の51人、うち41人を占めるのが米国勢で、近年は重要任務を担う有能な女性が増えている。

 アイリーン・コリンズさん(53)は99年、女性初のシャトル船長に就任。2005年にも船長として野口聡一さん(44)らと搭乗、コロンビア事故後の初飛行を成功させた。

 頂点に立つのはペギー・ウィットソンさん(50)。ISSに2回長期滞在し、計376日の滞在は女性最長。07年には女性初のISS船長を務めた。現在はNASAの宇宙飛行士室長として100人を超える飛行士を率いる。

 現役飛行士に占める女性比率は米国で約2割。ロシアには現在、ほとんどいない。アジアでは08年の韓国初の飛行士が女性だったほか、独自の宇宙船で有人活動を続ける中国も女性飛行士を養成中という。

 ■火星は男性向き?

 宇宙は男性社会のイメージが強いが、飛行士の選抜試験や訓練、任務は男女とも同じだ。女性だから不利ということはなく、逆に優遇されることもない。

 JAXAの山口孝夫・有人宇宙技術開発グループ長は「初期の女性飛行士は政治的な背景で飛んだり、任務が軽い人もいた。しかし現在は男女の差はなく、日本を含め完全に実力勝負の世界」と強調する。

 日本人女性第1号の向井千秋さん(57)も「宇宙の仕事で男女は無関係。性別や国籍、文化の違いよりも、個人の向き不向きの方が大きい」と話す。

 仕事で男女差はないとはいえ、医学的な違いはある。一般に体力が必要な船外活動は男性向き、ロボットアームの操作など繊細な作業は女性向きとされる。また、妊娠中の女性は飛行できない。生理は飛行中でも問題ないが、薬で時期を遅らせることもある。

 宇宙では、発がんのリスクを高める放射線を大量に浴びる。放射線医学総合研究所によると、女性飛行士は男性と比べて乳がんのリスクが加わるので、生涯に浴びる被曝(ひばく)線量の制限が約1割厳しい。半年間のISS滞在には影響しないわずかな差だが、長期にわたる火星飛行は男性の方が安心かもしれない。

【関連記事】
日本人女性宇宙飛行士、山崎直子さんが会見「ばっちり仕事を!」
いざ!宇宙へ なでしこ飛行士・山崎さん、フロリダに到着
「宇宙で働ける未来がくるかも」子供たちにエール 野口聡一さん会見
山崎さん搭乗予定の米シャトル、寒さで打ち上げ延期
「宇宙授業がしたい」初飛行前に山崎直子さんが会見
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

当て逃げ事故で3人死傷=逃走の男、パトカー盗み逮捕−栃木県警(時事通信)
2ちゃんねるアクセス不能 韓国から大規模サイバー攻撃?(J-CASTニュース)
診療報酬改定に不満表明、民主議連の桜井会長(医療介護CBニュース)
1人区に全力を 渡部氏が小沢氏の選挙戦術批判(産経新聞)
ITによる地域の見守り支援でシンポ―多職種の情報共有がカギに(医療介護CBニュース)

ミス福分け娘「亀戸大根どうぞ」(産経新聞)

 伝統野菜を残そうと、江東区亀戸の香取神社で7日、「亀戸大根収穫祭」が行われ、約500本が無料で配布された。

 亀戸大根は江戸末期、同神社周辺で栽培が始まったとされ、長さ約30センチ、太さ約5センチ。強い辛みが特徴で浅漬け用に人気を集めた。宅地化が進んだ大正末期ごろから地元で姿を消し、現在は葛飾区の農家が栽培。地元では商店主らが結成した「かめの会」(福地憲一代表)が提唱し、小・中学校で栽培を続けている。

 この日は、地元の小学生らが栽培した亀戸大根数十本を同神社に奉納、収穫を祝った。境内では「福分けまつり」が開かれ、巫女(みこ)姿の都立江東商高の女子生徒3人がミス福分け娘として登場、「福分け〜、福分け〜」の掛け声で金色の小づちを振り、用意した亀戸大根を配布。亀戸大根を使ったみそ汁などが振る舞われた。

【関連記事】
09年ミスユニバース日本代表が美と健康の講演会
野菜大好き!「植物工場」にハマッた美人研究者
“ぶっかけるラー油”桃屋の牙城にエスビー挑む
Qちゃん、農業にチャレンジ! 「食の大切さ、発信したい」 
カラフル野菜でヒット狙う 「新しい彩りで食卓をより楽しく」
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

2警官が暴力団に情報漏洩か 奈良県警、処分を検討(産経新聞)
前田日明氏の公認一転見送り!民主参院選1次候補(スポーツ報知)
政府、医療チーム派遣へ チリ大地震(産経新聞)
<萩原朔太郎>マンドリン曲がCDに 音楽家への思いが結晶(毎日新聞)
<電気機関車>EF510を公開 ブルトレけん引の新型車両(毎日新聞)

駅ホーム転落の男性、俳優・池田努さんらが救出(読売新聞)

 4日午後9時10分頃、東京都港区北青山の東京メトロ銀座線表参道駅のホームで、71歳の男性が線路に転落し、ホームにいた俳優の池田努さん(31)と会社員の秋山佳範さん(23)が救出した。

 東京消防庁によると、男性は後頭部を打って病院に搬送されたが、命に別条はないという。

 同庁などによると、転落に気づいた乗客がホームの非常停止ボタンを押し、池田さんと秋山さんが2人で線路に飛び降り、男性をホームに引き上げた。ホームには医師も居合わせ、応急処置をしたという。男性は酒に酔っていたという。

 当時、渋谷行きの電車が約420メートル手前まで接近していたが、非常停止信号を受けて緊急停止。東京メトロによると、影響は数分遅れにとどまったという。

 池田さんは石原プロモーション所属で2000年にデビュー。「西部警察スペシャル」(04年)などに出演した。池田さんは「当然のことをしただけ。大きなけががなく安心した」とコメントしている。 

「トラスト・ミー」で探り合い=普天間めぐり米大使と平野官房長官(時事通信)
<のぞみトラブル>オイル漏れ感知せず(毎日新聞)
将棋の有吉九段、珍しい「2手指し」で反則負け(読売新聞)
小野竹喬展 東京国立近代美術館で2日に開幕(毎日新聞)
ヒゲの隊長「国防は最大の福祉」に首相「外交努力も大事」(産経新聞)

交番トイレでライター、メタンガス引火?で爆発(読売新聞)

 5日午前0時15分頃、千葉県大多喜町猿稲、勝浦署大多喜幹部交番で、宿直勤務をしていた男性警部補(51)がトイレでライターの火を着けたところ、爆発が起き、天井3平方メートルを焼いた。

 警部補は顔と両手にやけどを負い、入院した。

 勝浦署の発表によると、警部補はトイレ内がガス臭いのに気づき、換気扇を回した。この後、ライターで火をつけたといい、警部補は「換気できたかを確認するためだった」と話しているという。

 爆発で床の排水溝から火柱が上がり、高さ2・5メートルに達した。爆発音を聞いた同僚が駆けつけ、消火した。

 同署は、交番のガス配管に異常がなく、排水溝から炎が上がったことなどから、地中からわき出たメタンガスが流れ込み、引火した可能性が強いとみている。

 交番のある一帯は、千葉県を中心とする「南関東ガス田」と呼ばれ国内有数の天然ガス湧出(ゆうしゅつ)地。ガス事業者が採掘し、家庭用などに供給している。

 交番から約40キロ離れた九十九里町立「いわし博物館」で2004年7月、天然ガスが引火して爆発し、職員2人が死傷する事故があった。

山本病院理事長、手術の際に結紮処置をせず 地検、刑事処分を決定へ(産経新聞)
保守系文化人、メディアパトロールジャパン立ち上げ(産経新聞)
「首相を信じる」=普天間県内移設に反対強調−福島消費者相(時事通信)
首相官邸に対策室設置…チリ地震津波で(読売新聞)
母の遺体自宅に放置、会社員逮捕=「年金もらえなくなる」−兵庫県警(時事通信)

<もんじゅ>下請け2社献金 敦賀市長に5年で222万円(毎日新聞)

 高速増殖炉「もんじゅ」がある福井県敦賀市の河瀬一治市長(58)が、もんじゅを運営する日本原子力研究開発機構からの請負を主業務とする地元2社から、08年度までの5年間にパーティー券計222万円分の購入を受けていたことが分かった。もんじゅを巡っては、2月23日、機構が県と同市に安全協定に基づく運転再開の事前協議願を申し入れた。河瀬市長らは県・市議会での議論を踏まえて再開了解の可否を判断するが、関連企業によるパーティー券購入が明らかになったことで、判断の公正性が問われそうだ。

 購入したのは同市の「高速炉技術サービス(FTEC)」と「TAS」。河瀬市長が代表の資金管理団体「グローバルビジョン」の政治資金収支報告書によると、市長は04、06、08年に政治資金パーティーを開催。計約7000万円収入があり、うちF社は3回計116万円分、T社は3回計106万円分のパーティー券を購入していた。

 もんじゅ所長代理やF社役員を歴任したT社社長(61)は「購入枚数分の人数が出席しているわけではない。市長の市政運営全般をサポートしようと購入した」と、事実上の献金だったことを示唆。一方、F社は「取材はもんじゅの再開後に受ける」としている。市長は「パーティーは後援会に任せており、詳細は知らないが、運転再開の判断に影響することはない。ただ、指摘があれば、次回以降は購入を頼まないことも考える」と話す。【酒造唯】

【関連ニュース】
もんじゅ:運転再開を容認 原子力安全委
もんじゅ:再開を容認 「安全性確認検討会」が評価書了承
高速増殖炉もんじゅ:県へ運転再開事前協議願 原子力機構
高速増殖炉もんじゅ:運転再開の3者協議、経産相受け入れ
もんじゅ:評価報告おおむね妥当 原子力安全委PT

<裁判員裁判>裏切られた 保護観察中に窃盗(毎日新聞)
警視庁が誤認逮捕 万引き事件で似た女性を… (産経新聞)
<裁判員裁判>鳥取強殺公判 裁判員が被告の妻に質問(毎日新聞)
弁護側は有期刑求める=2人強殺事件が結審−裁判員評議開始・鳥取地裁(時事通信)
司馬さんの絵心 色鮮やかノート 大阪の記念館で一般公開(産経新聞)

<ハイチ大地震>防衛省技官が耐震判断 3人、陸自に同行(毎日新聞)

 ハイチ復興支援の国連平和維持活動(PKO)に派遣された陸上自衛隊に、建物の耐震診断ができる技官1人が同行している。国連の要請によるもので、さらに4日出発の2次隊第2陣とともに2人を派遣する。防衛省の技官が海外の被災地で耐震診断を行うのは初めてで、地震国・日本の特徴を生かした支援活動が展開される。

 同省によると、3人はいずれも1級建築士で、うち2人は地震後の建物の危険度を判定する応急危険度判定士の資格を持つ。診断対象は、復興支援を主導する国連のハイチ安定化派遣団の事務所や宿泊所など。ハイチの建物は日本に比べ鉄筋量が少ないといい、損傷具合を目視で確認しながら、測定器で強度や傾斜などを測り、国連にデータを報告する。3月中旬ごろから約1カ月かけて行う。

 一方、家が倒壊しテント暮らしを強いられた被災者には仮設住宅が建設される予定で、陸自がその整地作業にあたる見込み。【樋岡徹也】

【関連ニュース】
【写真特集】カリブ海のハイチでM7.0
ハイチ大地震:「手術用機器の整備が急務」日赤チーム報告
ハイチ大地震:陸自医療援助隊の100人帰国し解組式
ハイチ大地震:陸自隊員34人が首都に到着 PKO1次隊
ハイチ大地震:自衛隊は撤収へ 国際緊急援助隊

北沢防衛相が平野長官に検討委での検討を急ぐよう要請 普天間飛行場移設問題で(産経新聞)
ISO 15706
仙谷大臣、学生時代の“窃盗”告白 薬局の「ケロちゃん」失敬(産経新聞)
指定暴力団稲川会会長が死去(時事通信)
パチンコのモニター登録料名目で現金を詐取 被害は全国で約3600万円か(産経新聞)

フェリックス・メンデルスゾーン

フェリックス・メンデルスゾーン(ヤコプ・ルートヴィヒ・フェリックス・メンデルスゾーン・バルトルディ、Jakob Ludwig Felix Mendelssohn Bartholdy, 1809年2月3日 ハンブルク - 1847年11月4日)は、ドイツロマン派の作曲家、指揮者。生涯1809年2月3日、ハンブルクにて富裕な銀行家アブラハム・メンデルスゾーンとレア・ザロモンの息子として生まれる。祖父モーゼス・メンデルスゾーンは、カントにも影響を残した有名なユダヤ人の哲学者であった。フェリックスの家族は、アブラハムの代でプロテスタントのルーテル派に改宗する。父アブラハムはまず子供達を1816年に改宗させ(この時、フェリックスは7歳)、自らと妻レアは6年後の1822年に改宗した。父はこれを記念して「メンデルスゾーン・バルトルディ」と改姓したが、フェリックスは「バルトルディ」を使いたがらなかったという。メンデルスゾーン家は1812年以降ベルリンに居を構えるが、フェリックスも含めてユダヤ人としていわれなき迫害を受けることが多く、それは改宗後も大して変わらなかった。にも関わらず、フェリックスの業績・影響力は極めて強く、終生ドイツ音楽界の重鎮として君臨し続けた。姉のファニー・メンデルスゾーン(結婚後、ファニー・ヘンゼル)は、彼女自身有名なピアニストであり、女性作曲家の先駆者でもあったが、迫害を矢面に受けて気難しくなっていく弟フェリックスの何よりの心の友、良き理解者、良き導き手であった点が特筆される。妹のレベッカは数学者のペーター・グスタフ・ディリクレと結婚した。メンデルスゾーンは、文豪ゲーテ、ロベルト・シューマンとも、親友、良き理解者の間柄である。1847年11月4日、かねてから体調が思わしくなく、クモ膜下出血と思われる症状で急逝した。最期の言葉は「疲れたよ、ひどく疲れた」(Ich bin müde, schrecklich müde.)であった。人物・業績作品についてはメンデルスゾーンの作品一覧をご覧ください。一度見た楽譜や一度聞いた音楽を完璧に記憶する能力を有していたという。伝わっている逸話の1つとして、代表作の1つである『夏の夜の夢』序曲の楽譜を引越す際に紛失してしまうも、記憶だけを頼りに全てまた書き出して見せた、というものが残っている。後に元の楽譜が発見されるが、書き直した

横領容疑で元投資会社役員逮捕=2500万円、遊興費に−警視庁(時事通信)
元試験委員に罰金=看護師試験漏えい−広島簡裁(時事通信)
「小沢氏起訴を」 市民団体が検審に申し立て(産経新聞)
22年度予算案審議入り、4日に先送り 自民が「個所付け内示」に反発(産経新聞)
冥王星 赤や黄などまだら模様に NASAが画像公開(毎日新聞)

複数分野束ねる「基礎番号」検討=社会保障と税の共通制度で−第2回検討会(時事通信)

 政府は22日、社会保障と税共通の番号制度に関する検討会(会長・菅直人副総理兼財務相)の2回目の会合を開き、現行の番号の運用状況などについて意見交換した。事務局長を務める古川元久国家戦略室長は会合後、記者団に「いくつかの番号が併存する中で、基礎となる番号とつながりがあるような形が好ましい」と述べ、既存の複数の番号を「基礎番号」で束ねる仕組みを軸に検討する方針を示した。
 医療や介護など各分野ごとに番号を併存させることで情報漏えいのリスクを分散、最大の懸念であるプライバシーに配慮する狙いがあるとみられる。基礎番号について古川氏は「住基ネットが一番幅広く付いている番号であることは事実」とも述べ、住民基本台帳ネットワークの住民票コード活用に含みを残した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
ポスト鳩山を狙う"ラグビーボール"原口総務相
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘〜経産省と組んだ菅副総理〜

タイに潜伏の組員逮捕 神奈川・平塚の抗争、殺人容疑で国際手配(産経新聞)
平岡さんの靴と特定できず=DNA試料集まらず−島根女子大生遺棄(時事通信)
<無理心中?>妻を殺害後自殺か 80代夫婦死亡 新潟(毎日新聞)
<早大OB相場操縦>元社長ら起訴内容認める 地裁初公判(毎日新聞)
<ニュース1週間>フィギュア浅田が銀メダル/トヨタ社長が米公聴会で陳謝(毎日新聞)

借地代払えず立ち退き迫られ…80代姉妹自殺か(読売新聞)

 20日午前6時50分頃、大阪府大東市中垣内7の民家の庭で火が燃えていたと、近所の住民から110番があった。

 四條畷(しじょうなわて)署員が駆け付けたところ、2人が焼死体で見つかった。この家に住む80歳代の姉妹が借地代の未払いで22日を期限に立ち退きを迫られていたといい、同署は2人が自殺した可能性が高いとみている。

 発表によると、庭の木の枝につるされたボストンバッグに、「ご迷惑をおかけします」という遺書のような言葉を記した布が張り付けられていたという。

政調復活論牽制へ 「コアメンバー制度」 (産経新聞)
米、トマホーク廃棄を伝達=政府は容認(時事通信)
<寺島しのぶさん>若松監督メッセージ代読…ベルリン映画祭(毎日新聞)
<普天間移設>平野官房長官、沖縄知事に県内移設も示唆(毎日新聞)
小沢氏、政調復活に応ぜず=政策会議を機能強化(時事通信)

両陛下がハゼ展を視察(時事通信)

 天皇、皇后両陛下は22日夕、東京・上野公園の国立科学博物館を訪れ、即位20年特別展「ハゼの世界とその多様性」を視察された。宮内庁によると、ノロウイルスに感染し体調を崩していた天皇陛下が外出を伴う行事に出席したのは1カ月ぶり。
 特別展はハゼの生態や起源などを写真や標本で紹介。ハゼの分類を研究テーマにしている陛下はにこやかに会場を回り、自ら発見したミツボシゴマハゼの標本の前では「発表した当時は日本で一番小さいハゼだった」と振り返っていた。 

「浮気と思った」17歳少女を刺した42歳男逮捕(読売新聞)
北教組事件で自民・義家議員らが現地調査「偏向教育のため議席買う」(産経新聞)
平塚で男性撃たれ死亡 撃った組幹部の男が出頭(産経新聞)
参院選にらみ連携=政策協議開始へ−公明、みんなの党(時事通信)
帰宅した男性襲い現金60万円奪う 東京・江戸川区(産経新聞)

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
sponsored links
リンク
サイドビジネス
探偵
現金化
ライブチャット
ショッピング枠現金化
借金整理
クレジットカード現金化 還元率
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM